整体とラドン浴 シャンティ

石川県小松市吉竹町にて整体とラドン浴のお店をやっている『シャンティ』のブログです。
お店のお知らせや出来事を書いていきたいと思います。

米粉パン トースト 米粉パン 焼き上がり
小麦を使わずに米粉のみでパンをつくるレシピを発見したので玄米粉で挑戦してみました。
なんとオーブンを使わずに炊飯器で手軽に作れてしまうのです!!

ガンの方にも食べられるように
小麦と砂糖を使用していません!!

パンを発酵させるのにラドン浴ルームに40〜50分置いておくと良く発酵しました。
ラドンの効果でさらに体に良いパンになっているかも!?

出来上がったパンは焼きあがったまま食べると水分が多くパンっぽくなかったので
切ってからオーブントースターで焼いてみたところ
カリッとしていてトーストしたパンみたいにおいしく食べれました。

是非、お試し下さい。


〈炊飯器で玄米粉100%のパン つくり方〉

材料(5.5合炊き1斤分)
3合炊きの場合 分量を1/2 〜 2/3に
1升炊きの場合 分量を1.5 〜 2倍に

【A】
・玄米粉:250g
・インスタントドライイースト:小さじ1
・塩:小さじ3/4
・植物油:大さじ1

【B】
・水:300cc
・片栗粉:小さじ2
 
作り方

1、とろみ水を作る。鍋にBの材料を入れ木べら等で混ぜながら火にかける。
軽く沸騰したら火から下ろす。そのまま人肌に冷ます。
(急ぐ場合はなべ底に氷水を当てて混ぜればすぐに冷める)

2、Aの材料すべてと、1のとろみ水(人肌温度)を「適量」ボールに入れ、ゴムべらで混ぜる。


★はじめはとろみ水を200g弱程度入れて様子を見る。
生地ははじめ粘土のように固いが、2〜3分混ぜていると生地が柔らかくなってくる。
そこから少しずつとろみ水を足して、ホットケーキ生地の固さを目安に固さを調整する。

3、炊飯器のお釜に生地を入れ、2倍弱まで発酵させる。


★発酵機能のある炊飯器の場合:そちらを利用。
★温度設定機能のある炊飯器の場合:35度に設定。
★上記のような機能のない炊飯器の場合:お釜がほんのり温かくなるまで「保温」(約5分/室温やお釜の厚さで大きく差が出るので注意)し、その後電源を切りそのまま放置。発酵中お釜を触ってみて温度が下がっているようなら途中で保温キーを再度押し、庫内の温度が35度前後になるようキープする。
★生地は最初は1合のあたりだと思います。2合の2mm下ぐらいまでの上昇が目安です。
★発酵時間は30〜40分前後ですが、季節や室温によって大きく差が出ます。

4、炊飯キーを押す。ピーっと鳴ったらできあがり。すぐにあみなどの上に取り出し冷ます。

★焼き上がりの確認方法:炊飯が終了したら中心に竹串を刺してみます。焼けていても竹串には生地がついてきます。多少湿っぽい感じの生地の場合なら大丈夫です。液体っぽい場合はまだ焼けていないので、炊飯キーをもう一度押して下さい。
★「浸し」機能のある炊飯器の場合は「浸し」機能を解除してから炊飯してください。


補足

夏場の発酵について
夏場(特に室温25度以上の時)の発酵は非常に注意が必要です。
油断するとすぐに過発酵になってしまいます。
過発酵を防ぐためには、
炊飯器の発酵機能、温度設定機能、保温キーなどは一切使わず、
炊飯器にお釜をセットしたらそのままふたをし、
放置します(時間は室温により大きく差が出ますが、だいたい20〜50分くらい)。
また、夏場は2倍弱まで発酵させると過発酵になるので、
必ず1.5倍程度の発酵にとどめます。
汗ばむほどの気温の場合は、ドライイーストを小さじ1/2に減らすとさらに安心です。


参考HP 炊飯器で簡単、米粉100%のパン 基本の炊飯器米粉パン〜もっとふんわり版http://komeko100.com/basic/dry_new.html

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック