整体とラドン浴 シャンティ

石川県小松市吉竹町にて整体とラドン浴のお店をやっている『シャンティ』のブログです。
お店のお知らせや出来事を書いていきたいと思います。


冷えの怖さ

病気の原因は体の冷えです。

冷えている=体の酵素の働きが鈍る
     =自然治癒力の働きが悪くなる

冷える=今まで自然に治っていたことが治らなくなったり治るのが遅くなったりする。

病気が良くなる一番の近道は自分の「自然治癒力」を発揮させることです。
薬を飲んで治るのも、カゼをひいてほおっておいても治るのも、切り傷が勝手に治るのも全て自分自身の体が治しています。
薬は症状を抑えているのであって治しているわけではありません。

温めることにより冷えを退治して自然治癒力を高めましょう。
そして元気な体を作りましょう。


ではどうして体は冷えるのでしょうか
○環境の冷え
・冷暖房完備による体温調節機能の低下:
  暑い季節に涼しく、寒い季節に暑くなり
  本来体がもっている体温を調節する機能が低下し、
  自律神経のバランスがくずれ、血液の循環が悪くなる。
・冷蔵庫:
  一年中冷たい物を食べたり飲んだりし体を冷やしてしまう。
・自動車(歩かない):
  運動不足により筋力が低下し血液が循環しない。
・服装:
  女性の場合、冬でもスカートなどをはき、下半身を冷やしてしまう。

○ストレスの冷え
ストレスがたまると体が緊張状態になる。
またストレスがたまると自律神経の交感神経が一日中優位に働く。
それにより寝ている時も体は緊張し、血流が悪くなり体が冷える。

 自律神経とは
  交感神経と副交感神経の2つの神経が拮抗しながら
  天秤のように揺れながらバランスをとるようにバランスをとっている。
 交感神経
  俗に昼の神経と言われ活発に動く昼に優位に働く神経。
  体を緊張させ血流を抑制し消化器官(胃・腸など)の働きを抑制する。
 副交感神経
  俗に夜の神経と言われ寝る時や体をリラックスさせる時に優位に働く神経。
  血流を増進し、消化器官(胃・腸など)の働きを増進させる。
 緊張すると下痢をしたり便秘になったりしたことはありませんか?
 ストレスがたまると胃や腸の働きが悪くなり、下痢や便秘になりやすいのです。

冷えをとる状態
基本的には「頭寒足熱」と言うように下半身を温かくし、上半身(特に頭)を冷やします。
体の代謝が悪くなると血流が悪くなり、特に下半身が冷えるので下半身を温めることが大切です。


具体的な例をあげると
・足湯
・半身浴
などで下半身を温めたり

・ラドン浴
・岩盤浴
・整体、マッサージ
などで全身の血流をよくして温めることが冷えを取るのに有効です。



シャンティでは8月15日(月)まで
平日の午前10時から午後2時までにご来店のお客様は
ラドン浴を半額にさせていただいています。
ラドン浴でこの夏の冷えを取りましょう!!

整体とラドン浴を合わせてすると相乗効果でさらに効果アップですよ♪

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック