整体とラドン浴 シャンティ

石川県小松市吉竹町にて整体とラドン浴のお店をやっている『シャンティ』のブログです。
お店のお知らせや出来事を書いていきたいと思います。

私たちの生命を維持するには酵素の働きが必要です。

酵素とは簡単に言うと
肝臓で色々な食べ物を分解し体の栄養素を作ったり
悪いものを解毒したりする働きをするもので
とても大事なものです。

この酵素というものは36.5℃で一番働いてくれます。
冷えていたら、せっかくの酵素が眠って働いてくれません。

酵素が働かなくなってくると自然治癒力が弱まり
病気なったり、病気がなかなか治らなくなります。

また36.5℃というのが一番、血液がサラサラに流れる温度です。

血液がサラサラであると毒(老廃物など)をしっかりと外に排出でき
自然治癒力も強まります。

人の体は36.5℃が活動するのに最適なように出来ています。
それよりも高い場合も、低い場合も
どこかで体は無理や不都合が起こっているのです。

病気の人は体温が低い人が多いようです。

体温とは別に
上半身は36.5℃あるが下半身が冷たい。
体の表面は温かいが、体の芯が冷えている。
など温度差が大きい場合も「冷え」です。

問題は下半身や体の芯が冷えていることです。

意外かもしれませんが、足がほてる位温かすぎる場合も「冷え」です。

冷えなんか感じたことがないと言う方、冷えどころか足は熱く、
冬でも寝るときに布団から足を出さないといけない位、
温かいし、汗も良くかくし、冷えなんかまったく関係ないという人がいます。
実はそういうほてったり汗を必要以上にかく人は
冷えの極み一番ひどい冷えなのです。

例えば氷に手をつけると後で熱くなってきます。
それと同じで冷えすぎると熱くほてったり、
必要以上に汗をかくと体温の調節機能が異常をきたすのです。

ここでいう冷えとは
「冷え性」「体が冷える」と言うだけでなく
体温の低さ、
上半身と下半身の温度差、
体の表面と芯の温度差
などが原因で血液の流れが悪くなり、
「自然治癒力」の働きが悪くなることを言いいます。


次回は今まで載せた冷えの怖さのまとめとどうして冷えるのかを載せます。

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック