整体とラドン浴 シャンティ

石川県小松市吉竹町にて整体とラドン浴のお店をやっている『シャンティ』のブログです。
お店のお知らせや出来事を書いていきたいと思います。
そろそろ花粉の飛散量がピークですね。


東洋医学的にみると花粉症は肺の病気とされています。

肺と関連するグループとして
大腸・鼻・皮・体毛・咳・涕(鼻水)
などが属しています。

花粉症の人に便秘をしている人が多いのも
同じグループに大腸・鼻・咳・涕(鼻水)が
あることからみても納得できます。



詳しくは今度ブログに書く予定の
「肺と腸の話」に書きますので
興味のある方はそちらも読んでみてください。



大腸を良くすると肺も良くなります。
そうすることで花粉症の症状である
鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応も改善されてきます。
花粉症改善には、
第一に大腸を元気にすることが重要になります。


どのようにして花粉症の症状を緩和し
大腸を元気にしていくかは
前に載せた「大腸を元気にしよう!」
に詳しくありますので参考にしてみてください。





次回は西洋医学的に花粉症について載せたいと思います。



☆☆☆☆☆おまけ☆☆☆☆☆
【辛い症状の緩和に】
鼻水が止まらないとき・・・番茶に塩を濃い目に溶かし、それを綿棒につけ鼻の奥に塗りつけます。塩をそのまま綿棒で鼻の奥に塗っても効果はありますがしみて痛みがあります。
目がシブシブするとき・・・番茶に少量の塩(1%くらい)を溶かし、冷ましてから目にお弁当用の醤油さしなどでこまめにさします。

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック