整体とラドン浴 シャンティ

石川県小松市吉竹町にて整体とラドン浴のお店をやっている『シャンティ』のブログです。
お店のお知らせや出来事を書いていきたいと思います。
前回は東洋医学的に肺と腸の関係を見たので今回は西洋医学的に見てみます。

西洋医学的に見ると肺や大腸にはリンパ管が網の目のように張り巡らされています。

リンパの役割は
外から来たウイルス・細菌から身を守るため身体の防衛作用として働くことと、
身体の中の老廃物を体外へ出すことです。

このリンパ(リンパ液)が詰まると
皮膚のトラブル(肌荒れ・ニキビ・アトピーなど)
呼吸器系のトラブル(喘息・花粉症・アレルギー性鼻炎など)
むくみ・乾燥・マイナス思考・素直にハイと言えない
などの症状が出ます。


ではリンパの詰まる原因は何なのでしょうか。
ストレスや運動不足でも詰まりますがここでは食について詳しく書きたいと思います。

食では油(脂)がリンパ管で目詰まりを起こす原因です。
その目詰まりを起こす食品で一番とされているのが牛乳です。

大型の動物である牛の乳は人間にとっては消化しにくく、
特に農耕民族である日本人は95%が乳糖を分解できないといわれています。
牛乳の分解されにくいたんぱく質や油分がリンパに詰まってヘドロ化します。

また卵、小麦粉(微粒子のため詰まりやすい)、
白砂糖を含む甘いもの(パン、ケーキ、アイスなど)を食べすぎた時も
目詰まりを起こしやすくなります。


肺のリンパが目詰まりを起こすと、
肺に溜まった水を強制振動によって体外に出そうとするので
くしゃみ・鼻水・咳・花粉症(鼻水・涙)などが出ます。


また大腸のリンパが油で詰まると
便として排泄できなくなるために
皮膚の汗腺を使って老廃物と一緒に水分を出そうとします。
これが湿疹などの皮膚炎となります。


また、その老廃物(油)が多すぎると
今度は汗腺が目詰まりを起こし、
皮脂腺からの油の分泌が悪くなり乾燥肌となります。


肺や大腸、皮膚のリンパの目詰まりが続き
疲れて機能が低下し
排出がうまくいかなくなると
軟便、下痢、浮腫(むくみ)、尿減量
などの水の排泄障害を起こしやすくなります。



また肺と腸は最も大きな免疫装置と言えます。
なぜならば、
呼吸で空気中のウイルスや菌が侵入するのに抵抗したり、
腸の粘膜から通じて入ってくる食物やバクテリアと接するのに抵抗する為に
免疫細胞が密集しているからです。
よく断食でデトックスをしましょう!などと言われているのは
腸を休め余分なものの排除に仕事を集中させるためです。




このように西洋医学的に見ても
東洋医学の5つの分類内の「金」のグループ内に関連性があることが分かります。
つまり、
大腸の働きを良くすると密接な関係である肺も良くなってきます。
すると同じ「金」のグループに属している
アレルギーや花粉症によっておこる症状も良くなってきます。




では大腸の働きを良くするにはどうすればよいのでしょうか。

詳しくは「腸を元気にしよう!!」にありますが、
まず便秘や下痢をせずにきちんとした排便ができるようになることです。
また腸の負担を減らすために胃の調子を良くし、
しっかりと消化したものを腸に送れるようにすることも大事です。
おいしく食事をし、しっかりと噛んで食べることが消化の大事な第一歩です。

西洋医学的にはバリウムを飲んで検査しても、
内視鏡で覗いても胃や腸の粘膜に異常がなければ
問題ないとされます。
しかし東洋医学的に胃腸に問題がないというのは
「空腹感があり、食事がおいしく、食後にもたれたり便秘や下痢をせずに快便である」
ということを言います。

シャンティは皆さまの健康を願っております。
まずは胃腸を元気に保ち、健康な体でいましょう!!


腸とアレルギーの関係はひとまず今回で終了です。
ありがとうございました。
 
現代では肺や大腸が弱っている方が多いようです。
ということで、
今回は肺と大腸の話をしてみたいと思います。


みなさんがよくお悩みになっている
便秘・アレルギー・アトピー・喘息・鼻炎・肌荒れ・
ニキビ・花粉症・免疫の低下・むくみ・マイナス思考
など
実は全部これらは肺と大腸が原因と言われています。



東洋医学ではすべてを
「木」「火」「土」「金」「水」
と5つの属性に分けて分類しています。


これを五臓六腑などにも当てはめ
体の器官や症状も5つの属性に分けられます。


先ほどあげた病気や症状は
東洋医学では肺の病気とされています。
肺は「金」のグループの身体関係の代表に属します。
他には

大腸・鼻・皮・体毛・咳・涕(鼻水)

などが「金」のグループに属しています。




ではまず五臓のひとつである肺が
東洋医学的にみてどのような働きをしているかをみてみます。


肺の働き
・呼吸機能のコントロール

(肺でする呼吸の管理・皮膚呼吸の管理・肌をきれいにする・咳をするなど)

・身体の水分代謝・排出を行う
(鼻水の調整・汗の調整・むくみをとるなど)

・外部からの身体を害するものの侵入を防ぐ
(ほこりや花粉、温度差などから身体を守る・弱っているときにうぶ毛を濃くするなど)

・嗅覚のコントロール

・飲食物の残りカスを体外に排出する
(腸とは表裏一体の関係で密接にかかわっています)


次に肺ととても密接な関係である六腑の一つである大腸の働きをみてみます。


大腸の働き
・不要物からさらに水分を吸収し便をつくる

・外部からの身体を害するものの侵入を防




肺と大腸は紙の表と裏のような関係になっています。
つまりどちらか一方でも元気がなくなってくると影響しあい
様々な「金」のグループの症状が出てくるようになるのです。


肺の調子が悪くなれば大腸も調子が悪くなります。
また大腸の調子が悪くなれば肺もまた調子が悪くなります。
つまり肺の調子を良くするには大腸を元気にするのが早いのです。
大腸を元気にする方法は前に載せました「大腸を元気にしよう!!」に載っています。



次回は西洋医学的に見た肺と大腸の関係について載せたいと思います。
前回は東洋医学的に花粉症をみてみたので
今回は西洋医学的に花粉症をみてみましょう。

西洋医学的にみると花粉症は
体内に侵入した花粉にTh2免疫(ヘルパーT細胞)が
過剰に反応してIge抗体を作ってしまい、
抗体反応であるくしゃみや鼻水がひっきりなしに出てしまう障害です。

【ヘルパーT細胞とは】
Th1とTh2の二種類の免疫でのことを言います。
Th1は侵入者と戦う「細胞」を主体とした免疫(Tリンパ球、NK細胞)。
Th2は侵入者を 捕捉し無力化する「抗体」を主体とした免疫(Ige抗体など)。
この二つのバランスが崩れるとさまざまな障害が起きてくる。
Th2免疫が過剰反応しているのが花粉症です。
また、Th1免疫が弱まるとウイルスやガンに対する攻撃も弱まってしまう。

【Ige抗体とは】
Th2免疫が体内に侵入してきた侵入者に対して作る抗体のこと。
この抗体で侵入者を捕捉して無力化しています。



ではなぜ、Th2免疫は過剰反応してIge抗体を作ってしまうのでしょうか。
それは分解されにくいたんぱく質が原因です。




☆☆☆花粉症になるプロセスをみてみましょう☆☆☆


花粉症でない人の分解されにくいたんぱく質の消化吸収、排出と
花粉症の人の消化吸収、排出の違いで花粉症の原因が見えてきます。


【花粉症でない人の分解されにくいたんぱく質の消化の流れ】
1.農薬漬けの野菜や、薬物漬けにされた動物の肉など汚染された食べ物(分解されにくいたんぱく質)を食べる
2.胃でアミノ酸に分解され、不要になった分は排泄される
3.消化器官が弱っていると胃で分解されずに腸へ来るが、異物であるたんぱく質は腸の粘膜からは吸収されずそのまま排泄される


【花粉症の人の分解されにくいたんぱく質の消化の流れと花粉症発症の流れ】
1.農薬漬けの野菜や、薬物漬けにされた動物の肉など汚染された食べ物(分解されにくいたんぱく質)を食べる
2.胃でアミノ酸に分解されない
3.腸の粘膜が弱っていると異物をそのまま吸収してしまう
4.このとき異物が体内に侵入したとしてTh2免疫が活性化しサイトカインをだしIge抗体の生産を促す
5.どんどん異物が蓄積され、Th2免疫はますます活性化する(つまり異物がいつ来るかと過敏になって待ち構えている状態)
6.臨戦態勢を整えているところにアレルゲンである花粉を吸う
7.体が花粉を敵とみなしてしまいヒスタミンが大量放出され花粉症を発病


このことから真の花粉症の原因は
分解されにくいたんぱく質であると言えます。


花粉はTh2免疫に生産を促され、
Ige抗体が一気に戦いに入る引き金に過ぎないわけです。


言い換えれば、
取り込んではいけないたんぱく質を
分解も排泄もせずに取り込んでしまう消化器官にあると言えます。



☆☆☆☆☆☆花粉症を治すためには☆☆☆☆☆☆

・分解されにくいたんぱく質をまったくとらない
・胃を強化し、たんぱく質を分解する
・腸を強化し、分解できなかったたんぱく質を体内に取り込まない

以上のどれかをする必要があります。

分解されにくいたんぱく質をまったくとらないということはこの現代では容易にできるものではありません。
ですので、なるべく分解されにくいたんぱく質である肉や卵、牛乳は沢山とらないように心がけましょう。
嗜好品また冷たい食べ物や飲み物は非常に消化が悪いので胃腸へ負担がかかるのでできるだけ控えるようにしましょう。
そして良く噛んで食べることで消化がよくなり胃腸への負担が減ります。
また胃液が薄まるのを防ぐため食事時になるべく水分をとらないようにし、食間に飲み物は取るようにします。(甲田理論)



いままでの話で東洋医学と西洋医学のどちらから見ても、花粉症を良くするためには腸を良くすることが大事であることがわかります。



腸を強化するには「腸を元気にしよう!」に詳しく載っていますので参考にしてみてください。


次回は花粉症も属している東洋医学で言う肺の病気についいてもう少し詳しく載せたいと思います。
そろそろ花粉の飛散量がピークですね。


東洋医学的にみると花粉症は肺の病気とされています。

肺と関連するグループとして
大腸・鼻・皮・体毛・咳・涕(鼻水)
などが属しています。

花粉症の人に便秘をしている人が多いのも
同じグループに大腸・鼻・咳・涕(鼻水)が
あることからみても納得できます。



詳しくは今度ブログに書く予定の
「肺と腸の話」に書きますので
興味のある方はそちらも読んでみてください。



大腸を良くすると肺も良くなります。
そうすることで花粉症の症状である
鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応も改善されてきます。
花粉症改善には、
第一に大腸を元気にすることが重要になります。


どのようにして花粉症の症状を緩和し
大腸を元気にしていくかは
前に載せた「大腸を元気にしよう!」
に詳しくありますので参考にしてみてください。





次回は西洋医学的に花粉症について載せたいと思います。



☆☆☆☆☆おまけ☆☆☆☆☆
【辛い症状の緩和に】
鼻水が止まらないとき・・・番茶に塩を濃い目に溶かし、それを綿棒につけ鼻の奥に塗りつけます。塩をそのまま綿棒で鼻の奥に塗っても効果はありますがしみて痛みがあります。
目がシブシブするとき・・・番茶に少量の塩(1%くらい)を溶かし、冷ましてから目にお弁当用の醤油さしなどでこまめにさします。

 
腸が弱っていると様々な不快症状が出てきます。

例えば、便秘・アレルギー・アトピー・喘息・鼻炎・肌荒れ・
ニキビ・花粉症・免疫の低下・むくみ・マイナス思考などが
腸が弱っていると出てきます。

どうしてそのようなものが出てくるのかは
次回以降に載せます。



今回は不快症状の軽減・改善のために
どのようにしたら腸が元気になって行くかを載せます。


これを参考にして腸を元気にしましょう



【身体の中から腸を元気に!編】

*過食しない。
*油っこい食事を控える。
 血液をきれいにしリンパ管に油が詰まるのを防ぐために
*乳製品を控える。
 分解されにくいたんぱく質なので胃腸の負担軽減のために
 アレルギーの発症の予防のために
*きのこ類をとる
 きのこの酵素のエリゴステリニという酵素がリンパ管に詰まってしまう
 油(脂)を溶かしてくれます。
 きのこならば何でも良いですが一番良いのはアガリクスだそうです。
*薬味(辛味のあるもの)を積極的に利用する。
 毒消し効果、毛穴の掃除、呼吸器系(大腸を含む)の働きを高めます。
 玉ねぎ・大根・ワサビ・山椒・ニラ・しそ・生姜・ねぎなど
*発酵食品をとる
 腸内環境を整える善玉菌を増やします。
 ぬか漬け・みそ・醤油・納豆など
 ヨーグルトも良いですが動物性たんぱく質であるため
 分解されにくいたんぱく質ですのでなるべく
 植物性のものから摂取するのが好ましいです。


ここからは少し厳しくなりますが早く腸を元気にしたい人はやってみてください。


*朝食を食べずに1日2食に!!(どうしても食べたい人は野菜ジュースを飲む)
 現代人は食べすぎの傾向にあります。
 甲田式理論によると朝は排便の時間であり
 朝食をとらない方が腸の調子が良くなるそうです。
*分解されにくいたんぱく質や血液を汚す「リン」の多いものを避ける。
 分解されにくいたんぱく質やリンの多い食べ物
1.甘い食べ物
2.パン、白米、めん類
3.インスタント、加工食品
4.肉類、卵、牛乳
5.ハマチ、マグロなどの大きい魚
6.化学調味料、白砂糖、食塩(NaCl)
7.アルコール、タバコ



【身体の外から腸を元気に!編】

*こんにゃくシップ
 腸を温め元気にするほかに、身体全体の調子を良くしてくれます。
*笑う
 おなかを抱えて笑うと大腸の働きも良くなり体温も上がります。
*入浴
 身体を温めることにより腸の活動が活発になります。
*適度な運動
 汗をかくことによって余計な水分老廃物が体外にでます。
 代謝が上がりリンパの流れも良くなるので腸が元気になります。




【ラドン浴(ラドン水飲料)のすすめ】

便秘・アレルギー・アトピー・喘息・鼻炎・肌荒れ・
ニキビ・花粉症・免疫の低下・むくみ・マイナス思考などは
腸を元気にし、身体を温め、免疫を正常にすることによって軽減されます。

ラドンの効果には免疫を整える効果(活性化しているTh2免疫を鎮静化させる効果や活動が低下しているTh1免疫を活性化させる効果)があります。
また傷ついた細胞を修復し、新しい細胞を作り出させる効果もあるので腸にある傷も治し腸を元気にしていってくれます。
そして、ラドン浴は身体の芯から温まり、大量の汗をかき老廃物を体外に出すことにも役立ちます。

このことからラドンは東洋医学で言う肺の病気(花粉症・アトピー・アレルギーなど)などにも効果が期待できます。

腸を体の外から元気にする方法の目的全てを簡単に叶えることができるのがラドン浴です。



次回は東洋医学的にみた腸と花粉症の関係について載せます。
| 1/1PAGES |